令和3年7月、熱海市土砂災害

熱海土砂災害

2021年7月3日、静岡県熱海市伊豆山地区で発生した土石流災害を受け、テラ・ラボは、東京都立大学 泉岳樹 助教(地理情報学)とともに「空域災害調査・情報支援チーム」を編成し、災害発生直後から現地入りし、ドローンやヘリ、衛星を使用した被災現場上空周辺の撮影を実施しました。

災害発生当時、要救助者の救出はもちろんのこと救助者の安全確保も重要視されていたため、テラ・ラボはいち早く捜索活動の手がかりに役立つ地図作成に取り掛かることを決断。

これまでの航空測量技術を活かし、撮影した動画、写真データをオルソ画像(真上から見た全体写真)へと解析後、同地 区の地図(被災前)と重ね合わせるなどして、災害発生から2日後には、精密な共通状況図のベースマップを一般公開しました。